沖縄小林流妙武館空手道 兵庫支部

 空手の歴史は確かではありません。500年前とも1000年前とも考えられ、沖縄の人々によって伝承されてきました。当初は単に手(ティ)と呼ばれました。大別すると那覇手と首里手と泊手にわかれます。沖縄小林流は首里手に属し、喜屋武朝徳先生を祖とし、新城平太郎先生、松田芳正先生を経て、兵庫へは、岸本美一先生が伝え普及させました。昭和49年のことです。
 当時の沖縄の練習は朝6時から12時まで、それも炎天下の庭で行われていたそうです。又、夜は7時から10時までと星明りのもとで行われました。これが琉球空手の修行の原点です。

兵庫支部所在地

兵庫県高砂市米田町塩市210-2(岸本道場)
tel/fax 079-432-8563 

稽古
  • 火曜日 18時半〜(少年の部) 19時40分〜(一般の部)
  • 木曜日 18時半〜(少年の部) 19時40分〜(一般の部)
  • 日曜日 10時〜(少年の部) 10時半〜(一般の部)
  • レディース空手についてはこちら
2015年 初稽古
初稽古の様子
兵庫支部長:岸本美一 (プロフィール詳細はこちら)
  • 沖縄小林流妙武舘空手道範士9段
  • 沖縄小林流妙武館空手道総本部顧問
  • 沖縄小林流妙武館空手道兵庫県支部長
  • 沖縄小林流妙武館空手道場岸本道場主宰
  • レディース空手協会相談役
兵庫県内道場

兵庫支部沿革

※写真クリックで拡大します

昭和49年 沖縄小林流妙武舘空手道兵庫支部道場を高砂市内3ヶ所で開設
昭和50年 寒稽古の様子(大塩海岸)
昭和52年 沖縄小林流妙武舘空手道兵庫支部 第1回演武大会開催
高砂文化会館にて
沖縄から20名が応援参加

兵庫県旧支部道場での練習風景
昭和53年 現在の岸本道場開設
昭和54年 岸本道場での稽古風景
昭和58年 沖縄小林流妙武舘空手道入門書を岸本美一執筆(小林流教科書)
沖縄小林流妙武舘空手道演武大会開催
高砂文化会館(満席)
稽古の様子(岸本道場にて)
平成2年 護身術教室(後のレディース空手)を開講
空手道古武道世界交流祭出場(沖縄コンベンションセンター)
ナイハンチ初段を指揮

平成3年 神戸塩屋クラブにて子どもたちの演武

平成4年 初稽古の様子
平成6年 全国女子柔道強化選考会開催
沖縄小林流妙武館空手道兵庫県本部創立20周年記念演武大会開催
日韓親善柔道交流会(安養市)開始 交流締結・招聘・派遣

高砂高校英語教師と
平成8年 護身術教室をレディース空手と名称を改める

左から 荒木田 正木 林田 白倉
平成9年 レディース空手演武会開催 高砂市福祉会館
平成18年 沖縄小林流妙武館空手道 範士号取得
沖縄小林流妙武館空手道範士9段
沖縄小林流妙武館空手道範士9段
沖縄小林流妙武館空手道総本部館長 松田芳正先生と
小林流妙武館総本部長の松田館長と
平成23年 シアトル訪問

ブルース・リーとその息子さんのお墓
平成24年 合同練習
合同練習
合同練習
レディース空手メンバーと(高砂文化会館にて)
レディース空手メンバーと
ロータリー交換留学生に空手指導(神戸しあわせの村にて)
ロータリー交換留学生に空手指導
平成25年 妙武館読谷支部 比嘉支部長とジェフ師範が
岸本道場を訪問される。
平成27年 森の道場での稽古の様子(高砂市竜山中腹にて)
森の道場