特定非営利活動法人 未来塾

未来塾設立趣旨

必要なのは、たくましく生きていく力です

 21世紀は共生の時代と言われながら、10余年の歳月が過ぎた。平成7年の阪神大震災の教訓を基に精神文化の重要性が見直され、官民あげての取り組みの中からその成果は徐々に見え始めた。そんな中、平成23年3月11日、今度は東日本が未曾有の大災害に襲われた。人類の歴史は自然災害との戦いの歴史であり、繰り返されることは間違いのない事実であり、早期復興が求められるところである。
 又、社会生活を見回しても経済の発展と衰退は当然繰り返され、その時々の影響はだれもが免れえないものである。いつの世も必要なのは逞しく生きていく為の能力である。これをかみ砕けば健康であり、何事にも挫けない心、人を思いやる心、ヒューマニズムに溢れた福祉の心であり、そして老若男女、障がいのある人、誰もが安全に健やかに生活できる環境である。所謂、共生の時代である。

 私たちは約30年前、柔道協会の一員として、高砂市内の中高生30名を発展途上の韓国へ柔道の試合に連れて行った。(※参照)翌年、相手方を日本に迎え親善試合を行う。この交流は現在も毎年続けており約30年になる。平成4年、スイス、ローザンヌより柔道選手30名を受け入れする。
 平成5年、全国中学校柔道大会が高砂で開催された。会場準備で全市の道路周辺の清掃活動を実施、婦人会や老人会の人たちと連携を結ぶ。大会当日は、会場整理や受付をお手伝い頂き、重度の障がいがある人12名を迎え見学していただいた。毎年、県下一円から集まる市長杯中高柔道大会にその精神はうけつがれており参加人員は見学、応援者を含めて20000人を下らない。
 又、見るスポーツから、参加するスポーツへと障がいのある人の柔道教室や空手教室を各所で、延べ回数、週8回実施している。その他、婦人の空手教室、高齢者の為のストレッチ教室、文化面では豊かに生きるための老若男女の読書教室、学童的な宿題教室も行っており、広がりを見せている。これらの教室的なものは柔道協会の会員が特技を生かし任意の団体として行っているものであるが、残念なことに社会的な認知度が少ないと言う現状がある。

 特別支援を要する人のスポーツ、青少年の為のスポーツ、高齢者のスポーツ、文化面でも同様であるが、人の個性は多岐にわたっており、より良質な個性に応じた支援活動を行って行くには人材と場所の確保なくしては成り立たない。今、会員は医者、教師、保育士、美容師柔道整復師、建築士、調理師、会社員、自営業者等、広がりの輪を見せており、柔道協会を母体として未来塾を組織、任意の団体としての活動を行っている。この活動をより効果的に行うため、より公的な組織にする必要が生じている。

 NPO法人格を取得することによって認知度が高まり、活動の為の趣旨が広く世の中に発信しやすくなることにより、行政の谷間への支援活動が期待できる。
 諸団体との連携を推進、お互いを高めあい、同時に会員の資質の向上を図る為の研修を行い、個性に応じた良質の生涯学習の場と環境作りをし、老若男女、障がいのある人、誰もが共生の精神と、逞しく生き抜くため力を養い、将来的には、健やかに文化的な生活を営むための一助となれるような環境作りまでを行い、将来的には特別支援を要する人達の雇用までに至るような活動を推進して行きたい。

法人設立 平成24年

このような方へ

家族の中に発達障がいの子どもをお持ちの方へ

障がいを乗り越えて
保護者の皆様と手を携えて柔道や空手を通じて居場所作りをめざします。

琉球空手の保存伝承

日本の文化遺産です。基本から古武術(棒術・サイ・トンファー・ヌンチャクなど)を学びませんか?

悩める先生方、ご父兄の皆様へ

教育のことでお悩みの先生方、もちろん、ご父兄の皆様、どなたでも結構です。一人で悩まず一緒に考えましょう。
生徒指導・学級経営・部活指導・学習指導要領改訂による教科柔道の指導法・保護者との対応・礼節・教育全般
経験豊かなスタッフがお待ちしております。※教職員組合とは一切関係ありません。

未来塾の事業

文化、スポーツに関する活動の交流・サポート及び、人材育成

人材育成のための研修

  • 有本圭子と教育の未来を語る
  • 教員採用試験のための自主研修会
  • 指導要領改訂による柔道授業の指導法(練心塾にて柔道指導者対象)
  • 各種講演会

レディス空手の世界展開、琉球空手の保存伝承・普及

  • 琉球空手(古流)日本文化、日本語、歴史の修得(世界への普及を目指す)
    世界各国より受け入れ <3ヶ月コース> <6ヶ月コース> <1年コース>

金メダリストが指導する柔道教室

  • 高砂市総合体育館にて年一回、県内柔道愛好家対象に行なう

日韓親善柔道交流会

  • 高砂市総合体育館、加古川武道館にて年一回、県内柔道愛好家対象に行なう
子どもの健全育成を図る活動

在外外国人に対する教育支援

  • 主としてベトナム人児童への支援(ワールドファミリー、ジョイクラス(姫路市))

読書活動

  • 法人事務所にて(火・木 16時〜20時)
会員相互が研鑽を図る中から、福祉、環境、農業、保育などであらゆる可能性を探り、理念達成のための事業展開をしていきます。

法人事務所

兵庫県高砂市米田町塩市210-2
tel/fax 079-432-8563